101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

無視をしなければ、今度は自分が無視をされることになってしまう。

 

 

今までそうやって何人も町からいなくなってきた。

 

 

だから何をされても、無視をし続けなければいけない。

 

 

「真由子どうした?呼吸浅くなってるぞ?」

「発育が良いことは恥ずかしがる事じゃないぞ?」

「そういえば真由子お前…。小学生の時から発育が良いほうだったよな?」

 

 

恥ずかしいことばかり言う主人公の口をふさぐこともできず、

真由子は耐えるしかありません。

 

 

♥無料立ち読みする方は画像をクリックで読めるようにしています♥
101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用
101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ! 1章その2 ネタバレ「クラスメイトに見られながら真由子が処女を喪失」

言葉と愛撫でさんざん真由子を辱めている主人公。

 

 

 

「真由子のクリはこの辺か?

可哀そうだなぁ出せなくて。無視って大変だなぁ

 

 

 

いちいち言葉に出して、真由子の反応を楽しみながら

クラスメイト達に伝わるように実況中継をしていきます。

 

 

 

呆気にとられていた教師もここでようやく我に返り、

ようやく授業を再開します。

 

 

 

教科書の音読を指示しますが…。

今日の音読は偶然にも真由子から。

 

 

 

しぶしぶ立ち上がる真由子。

後ろにいる主人公にお尻丸見え。

 

 

 

ビショビショに濡れたショーツからまんこが透けて見えてしまいます。

 

 

 

「真由子。挿れていい?

ダメだったら言ってくれよ?俺ダメって言われたことはしないからさ

 

 

 

当然、真由子からすればダメなはずだが、

それをやると無視しなければならないというルールから外れてしまう。

 

 

主人公は真由子のまんこに狙いを定め、

ゆっくりと挿入していき…。

 

 

皆が見ている中で真由子の処女を散らしていきます。

 

 

この時点で「ほう。それほどお勧めなのかね?」と

思った方はダイジェストを読んでみてください。

☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆↓☆

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用
☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆↑☆